2015年11月24日

【iOS開発】Fallout4を少しでも快適に遊ぶために辞書アプリ作った

20151124_cdrdict1.png

11月10日、Fallout4が発売されました! すごく楽しみだったので即購入しましたが、今の所英語版のみです。
それはそれで楽しく遊んでいるのですが、バッチリ英語読めるわけでもないのでiPadで辞書引きながら頑張っています。
ただ今使っている辞書アプリが検索するたびに画面が切り替わり、いちいち戻って検索欄をタップしてフォーカス当て直すのが面倒すぎるので自分で簡単な辞書アプリを作りました。
AppStoreに申請するつもりはないのでソースをGitHubで公開してます。iPad専用、iOS8以降対応です。

CDRDict
https://github.com/cracked-cdr/CDRDict

>>続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by 割れたCDR at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | iOS開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

【iOS開発】UIScrollViewでピンチイン/アウトによる拡大縮小

20140424_ios_scrollview_1.png

画像ビューア的な画面を実装する際にピンチイン/アウトで拡大縮小は当然できるようにしたいところです。
ありがたいことにUIScrollViewにはデフォルトでピンチイン/アウトによる拡大縮小機能が実装されています。
単純に拡大縮小のみをする場合は、UIScrollViewのデリゲートメソッドviewForZoomingInScrollViewを実装して拡大したいViewを返すようにすればOKです。

20140424_ios_scrollview_2.png

>>続きを読む
タグ:Objective-C IOS
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by 割れたCDR at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | iOS開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

【iOS開発】NSArrayで使える便利なenumerateObjectsUsingBlock

NSArrayに格納した要素を処理するとき、forで回して処理していたのですが
enumerateObjectsUsingBlockを知って以来こればかり使っています。

self.array = @[@"obj1", @"obj2", @"obj3", @"obj4"];
[self.array enumerateObjectsUsingBlock:^(NSString *obj, NSUInteger idx, BOOL *stop) {
NSLog(obj:%@, idx: %d", obj, idx);
}];

NSArray内の要素を順番に取り出してblock内に記載された処理を行います。
引数については
 obj:NSArrayの要素
 idx:何番目か
 stop:ループ終了フラグ(block内でtrueにすることでループを中断)
となります。

for文などを利用した場合、idxをインクリメントする必要がありますが、そういった記述なしでシンプルに済むので便利です。

なお、通常 enumerateObjectsUsingBlock 内からblock外の変数にはアクセスできませんが
変数に __block を付けることでblock内で利用可能になります。

__block int otherNumber = 10;
[self.array enumerateObjectsUsingBlock:^(NSString *obj, NSUInteger idx, BOOL *stop) {
NSLog(obj:%@, idx: %d, otherNumber:%d", obj, idx, otherNumber);
}];



やさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校
マイナビ (2012-10-30)
売り上げランキング: 14,493


タグ:IOS Objective-C
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by 割れたCDR at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | iOS開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

【iOS開発】Storyboardに定義してあるViewControllerを生成する

20140416_ios_modal_1.png

Storyboard上に定義してあるViewControllerをModalとして開く方法です。
Segueで繋げてもいいのですが、状況によって遷移先が変わる場合はコードで記述した方が良い場合もあります。
コードでModalを開く場合は以下のようにすればOKです。

- (IBAction)touchOpenModalViewButton:(id)sender {
UIViewController *modalViewController =
[self.storyboard instantiateViewControllerWithIdentifier:@"MyModalView"];
[self presentViewController:modalViewController
animated:YES
completion:nil
];
}

instantiateViewControllerWithIdentifierの引数には、Storyboard上より対象ViewControllerに設定してあるStoryboard IDを記述してください。

20140416_ios_modal_2.png

サンプルファイルはこちら
ModalSample.zip

やさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校
マイナビ (2012-10-30)
売り上げランキング: 8,968


タグ:Objective-C IOS
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by 割れたCDR at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | iOS開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。