2015年11月24日

【iOS開発】Fallout4を少しでも快適に遊ぶために辞書アプリ作った

20151124_cdrdict1.png

11月10日、Fallout4が発売されました! すごく楽しみだったので即購入しましたが、今の所英語版のみです。
それはそれで楽しく遊んでいるのですが、バッチリ英語読めるわけでもないのでiPadで辞書引きながら頑張っています。
ただ今使っている辞書アプリが検索するたびに画面が切り替わり、いちいち戻って検索欄をタップしてフォーカス当て直すのが面倒すぎるので自分で簡単な辞書アプリを作りました。
AppStoreに申請するつもりはないのでソースをGitHubで公開してます。iPad専用、iOS8以降対応です。

CDRDict
https://github.com/cracked-cdr/CDRDict

やりたかったことは以下。
  • 辞書検索後にフォーカスが外れない
  • スペルミス防止のためにサジェストで候補を出す
  • 同じ単語を再検索できるよう履歴を持たせる
  • 履歴にあるのを気付かず入力したときのために履歴から候補を出す
以上4つの機能を実装してます。

20151124_cdrdict2.png
シミュレータで動作させる場合、初期状態では辞書が入っていません。
Safariやリマインダーで適当な単語を選択して辞書検索し、管理ボタンから辞書をインストールしてください。

20151124_cdrdict3.png
左側に履歴、右側に検索欄と検索結果を表示します。

20151124_cdrdict4.png
検索に入力すると候補が表示されます。左側が履歴から、右側はスペルチェック機能を利用したサジェストです。

20151124_cdrdict5.png
検索後、入力内容はクリアされます。
辞書はUIReferenceLibraryViewControllerの内容を表示してます。本来ナビゲーションバーとツールバーが上下に出るのですが、無理矢理消しました。
検索結果表示後もキーボードは表示させたままにしているので、不要な場合は手動でキーボードを閉じてください。

ひたすらわからない単語を入力→意味確認できるような作りにしているので、英語版プレイが少しだけ快適になりました。
やっぱりソフトウェアは自分が使いたいものを作るのが一番やる気出ますね!


詳細!Swift2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 2+Xcode 7対応
ソーテック社 (2015-11-13)
売り上げランキング: 372




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by 割れたCDR at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | iOS開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。