2014年01月17日

【Windows】【メモ】Dixim BD Burner 2013でnasneに録画した番組をBDに移す方法

nasne録画した番組がかなりの量になってきたので、VAIO以外のPCでnasneの番組をBDに移す唯一の方法である DiXiM BD Burner 2013を購入しました。
これでnasneの容量が確保できる…と喜び勇んでBD-Rに焼いてみたものの、何度も失敗。
焼きミスによる死にBD-Rが10枚出来上がってしまいました…。

試行錯誤の結果、Dixim BD Burner 2013で安定してnasneの番組をBDに移す方法を見つけました。
最初にざっくりと書くと、以下の3つを守ればおそらく大丈夫です。

1. BD-RWを使う(できればPanasonic)
2. 1回書き込んだら再起動
3. Dixim BD Burner使用中はnasneにアクセスしない


ちなみに僕の環境は以下になります。特殊な環境なので、他の環境では駄目だったりしたら…それは、まあ…すみません。

Macbook Pro Retina 15' (2012)
Windows 8 (Bootcampで起動)
Buffalo BP3D-PI6U2-BK

詳しい説明は以下に書きます。

----------------------------------------

1. BD-REを使う(できればPanasonic)

DiXiM BD Burnerでは書き込みを行う前にフォーマット作業が必要です。

20140117_dixim1.png

このフォーマット作業、相性もあるようですがBD-Rで行うとほぼ必ず失敗しました。(10枚中8枚失敗)
また、BD-Rで運良くフォーマットできたとしても、その後の書き込み作業で必ず失敗します。
BD-REなら高確率で成功しますしやり直しもきくのでBD-RWを使用しましょう。
Panasonicの以下のメディアでは今のところ失敗したことがないので、僕の中ではこれが無難。




2. 1回書き込んだら再起動

DiXiM BD Burnerはとにかく不安定です。
1回書き込みに成功して、続けて書き込みすると転送エラーで失敗することがあります。
成功・失敗にかかわらず、フォーマット〜書き込みまで行ったら一度Windowsを再起動した方が安定して書き込めます。


3. 書き込み中はnasneにアクセスしない

DiXiM BD Burnerはとにかく不安定です。(2回目)
書き込み中にnasneの残りライブラリを確認しようとVitaからnasneにアクセスしただけでDixim BD Burnerが通信エラーで書き込み失敗する始末です。
書き込み中に限らず、作業中はnasneにアクセスしない方がよさげです。

----------------------------------------

DiXiM BD Burnerはとにかく不安定です。(3回目)
nasneに録画した番組をnasne外に出力できる数少ない手段なので有用性は高いのですが、いかんせん運用方法にクセがありすぎます。
上記の方法ならある程度安定してBD-REに書き込めると思いますが、編集やチャプター切り・再圧縮など出来ないので、BDレコーダーがあるor購入予定なら、録画はそちらをメインにした方が(当然ですが)幸せになれます。
(追記:チャプターは nasneのバージョンアップで自動生成が可能になっています)
それでも運用のコツを掴めばかなり便利ですし、なによりある程度録画したら随時BD-REに追記していけばnasneの容量に余裕を持たせられるのが本当に助かります。
BD-REに移した番組はPS3などで見られるので、ライブラリーとしての保管も問題ありません。
nasneをレコーダーとして活用している方は、活用の幅を広げるDiXiM BD Burnerは検討に値するソフトです。


DiXiM BD Burner 2013 [ダウンロード]
アスク (2012-12-21)
売り上げランキング: 44





このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by 割れたCDR at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。